今日は今日。明日は明日。

アクセスカウンタ

zoom RSS 【映画】アカデミー賞5部門受賞作品 アーティスト(The ARTIST)

<<   作成日時 : 2013/05/01 16:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

今頃ですが、
アカデミー賞5部門受賞作品
アーティスト(The ARTIST)を観ました。
アカデミー賞5部門受賞作品 アーティスト(The ARTIST)


温かい涙、溢れ出す愛。
この感動に世界が喝采---。


その通りだと思いますっ!!
私も泣きましたw

あらすじを簡単に説明しますと、
主人公はサイレント映画で活躍する大人気俳優のジョージ・ヴァレンティノ。
一世を風靡し、映画会の大スター。
映画館外にはジョージを一目見ようと多くの若い女性ファン集まるほど。
その中にはジョージに憧れるぺピー・ミラーの姿も。

ぺピー・ミラーはジョージが主演する映画のオーディションに参加し、
見事、エキストラ役を獲得する。
そして、見る見る内にスターの階段を駆け上がる。

一方、ジョージはというと、、
時代はサイレント映画からトーキー映画へ流れ、
ジョージの作品は時代遅れのものとなり・・・。。。

絶望するジョージ。
大スターになる一方、自分のせいで愛するジョージのポジションを奪ってしまったことを悲しむぺピー。

二人の未来は・・・



この作品、完全無声映画といっていいと思います。
まさか、ここまで音声がないとは思わず、見初めは驚きました(^^;
そして、慣れていないせいか、眠くなってしまった私。。。
音楽が心地いいんだもん。。

前半は昔の映画を見ている感じでナアナアな感じがしましたが、
ジョージの時代が終わる頃から、
この作品の良さが染み出したように感じました。

無声だから、余計なセリフがない分、
気持ちが伝わってくるというか・・・
改めて無声映画の良さが分かりました。

それにしても、
ぺピーの話しを聞くシーンのジョージは惚れ惚れしますなっ。
あの相槌の仕方といい、やさしい目つき、そして、笑顔。
あんな紳士的な人に話を聞いてもらったら、
どんな女の子でも恋に落ちるでしょうなw


少し作品からずれるのですが、
上映中、私の頭の中では、モノクロ時代のディズニー作品がよぎりっぱなしでした。
具体的にいうと「蒸気船ウィリー 」。
ジョージがウォルト・ディズニーで
ぺピーがミニーマウス。
キノグラフ社の社長がピート。
どことなく、似てると思いませんか??


最後まで見終わったとき、
きっと心が温かくなっているはず。
(いくら単調だと感じても、途中でやめちゃ駄目です!!)
まだ見ていない方、是非見てみてくださいっ!

アーティスト (The ARTIST)
★★★★★
監督 ミシェル・アザナヴィシウス
出演 ジャン・ジュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、アギー
URL 公式サイト←とても遊び心のあるサイトですっ。 必見!
公開 2012年3月

iTunes Storeでレンタルor購入
icon

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
気品のある作品でしたね。
最近はこのような作品とんと観ません。
根保孝栄・石塚邦男
2016/11/10 02:00

コメントする help

ニックネーム
本 文

シェアおねがいします(゜▽、゜)ノ

人気記事


【映画】アカデミー賞5部門受賞作品 アーティスト(The ARTIST) 今日は今日。明日は明日。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる